クリエイターズ企画「LINEスタンプを作ってみました」


以前からブログに登場するこのキャラクターですが、

 

 

流行るかなと思ったのですが、全く流行らないので強引にラインスタンプを作って皆様の記憶にとどめたいと思いまして、LINEスタンプ企画が立ち上がりました。

 

 

キャラ誕生の経緯を追ってみましょう。

 

 

1.  皆様が疑問や不安に思う事を、ブログ内で代弁してくれるキャラが欲しいと漠然と考える

 

 

 

 

2. ラフ画を描いてみる

 

 

 

 

3.  思ってるよりも絵が下手なのでやめようと思う

 

 

 

 

4.  しかし ペンタブレットを持っていたのを思い出す

 

 

5.  小学校〜高校まで授業を聞かず教科書にドラゴンボールばかり描いていてどんどんバカになったので、少しでも絵で元を取ろうというイヤラシイ考えが芽生える

 

 

 

 

6.  ペンタブに苦戦し、絵がまともに描けないのにとりあえず描いて唐突にブログに登場させてみる

 

初登場の回→「イルミナカラーの効果を最大化」

 

 

 

7.  ほんの一部のコアなHANAファンの方から支持を得るが、「あれは何なんですか?」という冷たい声を多数いただく

 

 

 

 

8.  初登場の回で、既になにか違う気がしてイメージチェンジをはかる

 

 

9.  流行らないのは「不安ちゃん」というネガティブなネーミングが要因だと思い、勝手に「HANAちゃん」に改名する

 

 

 

 

10. ようやくペンタブになれてくる

 

 

 

 

11.  キャラの方向性が決まらず、得意の「Tシャツ文字芸」を盛り込んでみるが、おおいにコケる

Tシャツ文字芸炸裂の回→「梅雨をポジティブにのりきる方法」

 

 

12.  一部のお客様から真面目にブログを書け!と怒られる

 

 

 

 

13.  それを叱咤激励だと勘違いして勢いを増す

 

 

 

 

14.  新商品と勝手にコラボさせてブログに掲載してみる

 

15.  ブログを見たメーカーの偉い人から わりと強めに注意を受ける

 

 

 

 

16.  ステッカーを配布してみる

 

 

 

 

17.  「ステッカー貼ってます!」という声は沢山いただくが、実際に貼っている画像はもちろん誰も見せてくれない。

 

 

 

 

18.  お客様から「LINEスタンプになったら買うよ!」というお声を数十件いただく

 

 

 

 

19.  本格的にデザインをスタートする

 

 

 

 

20.  彩色していく

 

 

 

 

21.  睡眠時間を削りこの作業を繰り返す。面倒になりもうやめようと100回くらい思う。途中でスタンプに一貫性がない事に気付き、テーマを「昭和を駆け抜けた言葉」に変えて全て作り直す

 

 

 

 

22.  完成後、「ラインクリエイターズマーケット」に登録する

 

 

 

 

23.  スタンプに1つ1つにタグ付けをして、ワード入力に関連性を持たせる

 

 

 

 

24.  ラインにスタンプ審査を申請し、一ヶ月くらい待つ

 

 

 

 

 

25.  リジェクト(審査不通過)されたら何度でも作り直し(規定けっこう厳しめ)

 

 

 

 

 

26.  審査通過しクリエイターズスタンプとして販売開始

 

 

 

 

という流れで進行しました。さらっと書いてますが一連の作業に相当の時間を要しました。。もうやりたくありません笑。でも100個くらい売れたらまた作りたいと思います。

 

 

 

勇気ある方はこちらから購入してみてください♪

↓↓↓

 

 

 

WEB予約

Instagram

Facebook

HANA HP

HANA 公式アプリ

 

オンラインショップはこちら↓↓

online