カラーで頭皮がしみやすい方へ


今日はカラー時の頭皮ケアのお話です。

 

真夏が近付くにつれてハイトーンカラーの需要が高まります。明るい色に挑戦してみたいけど、頭皮がしみやすいので心配という方も多いかと思います。

 

 

なぜカラーをすると頭皮がしみる時があるの?

 

 

体調が要因になる事もありますが、ほぼカラー薬剤成分の影響によって頭皮への違和感が生じています。カラー剤の中に入っている「過酸化水素水」「アルカリ成分」「ジアミン」という成分がしみるという現象を導いています。

 

頭皮には油分があり、その油分で頭皮を守ろうとしています。カラーの前に激しくシャンプーをすると保護の役割を担う油分が落とされてしまい余計にしみたりする場合もあります。ご来店前のワイルドシャンプーにはご注意ください。

 

 

 

いつもしみる場合はどうしたらいいの?

 

 

無理に我慢をすると頭皮が荒れたりする場合もございます。遠慮なくご申告いただければ

 

 

・頭皮にほぼ付けずにカラーを塗布

・保護オイルで頭皮を守る

 

 

等であらかじめ予防する事ができます。もちろん無料提供の技術になります。

 

一例ですが頭皮の保護スプレーという商品がございます。

 

DSC_2372

 

DSC_2374

 

こちらはカラー施術の前に、頭皮にお付けするスプレーです。スクワランやオリーブ油などの保湿成分を主とした保護剤です。もちろん、カラーの仕上がりに影響が出ることはございません。特にブリーチを伴うような原色系のカラーは、通常のカラーよりも頭皮に負担がかかりやすいので必須アイテムになります。

 

 

DSC_2388 4

 

ダブルカラーになる際は勝手に保護スプレーを付けさせていただきますので、「そんなのいらない!」という硬派タイプの方は逆に申し出てください。

 

 

 

今後も季節に関係なくカラーが楽しめますようにHANAでは髪のコンディションと同様に頭皮のケアにも力を入れて参ります。不安点は遠慮なくご相談くださいませ。

 

 

 

 

WEB予約

Facebook

Instagram

HANA HP

HANA 公式アプリ

オンラインショップはこちら↓↓

online